価値あるトロフィー

一学期の終業式は7月19日でした。

小学5年生の長男と小学1年生の次男にとって
夏休み最初の行事は
21日に行われた空手の大会でした。

その日は、参院選の投票日でしたが
空手の試合があるため
事前に期日前投票を済ませてました。

試合ですが
次男は、1回戦であっさりと負けました。

日頃の稽古に臨む姿勢からすると
致し方ない・・・と思いました。

長男は、勝ち進み
準々決勝では、黒帯と対戦しました。

黒帯の手前が茶帯になりますが
長男は、その茶帯の手前の紫帯なのです。

黒帯とは同点ポイントとなり、
延長戦となりました。

その延長戦も同点になり
判定となり、判定勝ちとなりました。

しかし、休む間もなく
準決勝となりました。

フラフラの状態です。

相手は茶帯の上
あきらかに不利です。

まるで40代のオッサンが
バテているような
試合展開でした。

最後まで戦い抜きましたが
負けました。

進行側にも
配慮してもらいたいものだと思いましたが
仕方ありません。

フラフラになった時の戦い方がありますので
それが、今後の課題です。

また、普段から長男は、食が細いので
スタミナという点も課題です。

しかし、試合内容は良かったと思いました。

今回の長男の3位のトロフィーは
すごく価値のあるトロフィーとなりました。

2013-09-11 23.46.27.jpg
タグ:空手 試合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374564786

この記事へのトラックバック