世界遺産の石見銀山

石見銀山に行きました。

理由は、今年は富士山の登山が
世界遺産になったため、混雑を予想し
敬遠したため
その代わりに、世界遺産の
石見銀山に行こうと思ったのでした。


石見銀山は、
銀山の洞穴を観て終わりかと
恥ずかしながら、思ってましたが
それは違いました。

中世の世界で流通した銀の3分の1が、
日本から産出されていて
その銀の殆どが
石見銀山のものであったのです。

その文化を支えた地域そのものが
世界文化遺産となっていたのです。

そのため、電動自転車を
家族みんなで借りて
集落そのものを観てまわりました。

わかりやすく言うと
日光江戸村を回るような感じですね。
 
子どもには難しいかな?
と、思いましたが、
小学1年と小学5年の二人の子どもは
とても楽しかった・・・と
目をキラキラさせながら
喜んでくれました。

今日は、同じ島根県の津和野の方の
天候は大変だったようです。

津和野に比較的近いせいなのか、
嵐のような大雨が降りましたが

私達が、見学が終わって
クルマに乗り込んでから

待ってました・・・とばかりに
バケツをひっくり返したような
雨が降ってきました。

本当にありがたいことでした。

2013-07-28 17.45.48.jpg
タグ:石見銀山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。