奥秩父最高峰 北奥千丈岳 登山

24日は、子供たちの運動会の振替休日でした。

そこで、23日・24日と一泊テント泊で
小学5年の長男と小学1年生の次男と
登山に行きました。

1日目は、奥秩父最高峰の標高2601mの北奥千丈岳をはじめ
国師岳、前国師岳へ行きました。

kita.jpg

2日目は、朝日岳を経て金峰山へ行きました。

2日目の往路は、雨と霧の中の登山となり
それなりに良い体験となりました。

kinp-01.JPG

復路は、天候が回復し、視界が開け
絶景の景色を眺めながら下山できました。

画像は、晴れ間が出た時の
金峰山の頂上のヨコにある
大黒様の化身と言われている五丈岩です。

gojyou.JPG

テントは、標高2360mの大弛峠の
大弛小屋のテント場に張りました。

ootarumi.JPG

富士山の五合目くらいの標高なので
この時期でも、夜中は、5度くらいまで冷え込みます。

そのため、テント場にいる時は
昼間でも、薄手のダウンジャケットを着用してました。

テントで寝ていると
夜中に風の音が「ごおっっ〜」と
ものすごい音で、とどろきます。
雨もテントを打ちつけます。

子供たちは怖がりますが
そういったひとつひとつが良い刺激になります。

また、食事も楽しみのひとつです。

数少ない調理器具と
1台の携帯用ガスコンロで調理します。

ちなみに、初日の夜は
ハンバーグ・ハヤシライスとコーンポタージュ
レタスときゅうりの胡麻ドレッシング和え
デザートにプリン

2日目の朝は、パンと味噌汁
山頂では、恒例のラーメン
昼食は、下山してからで
スパゲティーミートソースとかぼちゃスープ

好評だったのは、登山の休憩中に
携帯した熱湯で溶かして飲んだ
練乳でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。