ゴールデンウィークの登山@

東日本大震災後、転居職場が変わったりと

大きな変化があり、ずっとバタバタしておりましたあせあせ(飛び散る汗)

また、追々、ご報告して行きます。


今回の地震での停電時には、

私の登山グッズも役に立ったりもしましたが、

他にも、色々と考えさせられることもあり

子どもとの登山に、力を入れてみたいと

思うようになりました。


そこで、「登山」のカテゴリも追加しました。


そして、このゴールデンウィークには

3つの山を登りましたexclamation×2


まず、4月29日・30日で、

瑞牆山(みずがきやま)標高 2,230m

金峰山(きんぷさん)標高 2,599m

を、長男と登りました。


kinpu.jpg


高速を飛ばし、瑞牆山荘駐車場に到着車(セダン)

山行計画書を、駐車場脇のポストに入れ出発、

テントを張る富士見平に向かいます。


私のザックを、目一杯、重量を多くしたつもりでしたが、

私のパッキング下手なせいかふらふら

長男のザックも、8歳にしては

かなりの大きさになってしまい、

他の登山者が、驚いていました。


富士見平に到着し、テントを張り、

そこからは、小さなザックに変え、

1日目の瑞牆山山頂へ、向かいます。

いわゆる「ピストン」です。


途中の天鳥川で、長男は、

生まれて初めて川の水を飲んで、

おいしい〜」と感動してましたわーい(嬉しい顔)


そこからは岩場を登って行きます。

なかなか刺激のある登山で、

子ども達は、おもしろいようです。

E0905098182.jpg

山頂手前では、アイスバーンで、

アイゼンなしでは登れない状態。

実は、1日目は、

日帰り登山の友人家族といっしょに登っていたため、

アイゼンは、テントに置いてきたのでした。


でも、たまたま他の登山者のヘルプもあって

頂上まで登れました。


山頂直前で、アイゼンなしのため

断念して下山する登山者もおり、

本当に「ツイてる」としか

言いようがありませんでした手(チョキ)


山頂は、が舞っており、実に美しい景色でした。

E0905098244.jpg

しかし、とにかく寒いので、

山頂でカップヌードルを食べている他の登山者の姿が

うらやましく思いました。


そんな時、友人が持ってきてくれた

カップスープに救われました。


その後、テントまで戻り、友人家族とは別れました。


さて、夕飯の準備です。


水場へ行き、水を補給するとともに

ご飯炊くことから、長男に教えたいため

レトルトご飯はやめ、

長男に、生まれて初めて、米を研がせてみました。


そして、夕飯はカレーライス

いつもは少食の長男が、たくさん食べました。


テントの中で、長男と話をして、

とにかく寒いし、長男体力的なこともあり、

翌日の金峰山は、やめよう・・・ということになりました。

また、夜中の、ゴォーというすごく大きく強い風の音が、

本当に、早く帰ろう・・・という想いを強くしました。


が・・・翌朝・・・


山の朝は、とにかく清々しいのです晴れ

あまりの気分の良さに

テントから出た長男も、やっぱり登りたい・・・

ということで、

朝食を済ませ、出発しました。


大日小屋に到着し、水場の川から、水を補給。

4本簡易アイゼンを装着、長男もアイゼンもどきを装着し、

雪が溶けた岩の上のつるつるっアイスバーンを登って行きます。

危険な箇所もあり、長男怖かったようです。

写真も撮ってみましたが、

写真ではあの氷の迫力が出ないため

載せるのをやめました。


こんなところを登ろうとする「山登り」は、

ホント馬鹿だなぁ〜と思いました犬

が・・・尋常ではないゆえ、

このような登山は、大きな魅力があります。

山岳保険に入ろう・・・・と真剣に思いました。

また、次回は、6本アイゼンにしようと思いましたひらめき


大日小屋〜大日岩までのアイスバーンは終わり、

雪原になりました雪

0001.jpg

少し、行きましたが・・・

とにかく寒くて、長男も戻りたがってますし、

すれ違う下山者からきくと

この先は、1mくらいの深さ

稜線に出ると、もっと寒いとの事のため、

引き返すことにしました。


富士見平で、テントをたたみ終わった瞬間

ちょうど、が降ってきました雨

そして、下山


また、今回は、温泉好きな長男

瑞牆山荘駐車場から近い

ラジウム温泉に入りたがっていたので、

これも、温泉の終わりの時間まで

ゆったりと入れましたいい気分(温泉)


実に、ギリギリのタイミングで、引き返せたものだと

そのタイミングで帰りたがった長男感謝しましたぴかぴか(新しい)


そして、須玉インターの手前で見た

すき家」で、長男が牛丼を食べたい・・・ということで

夕食にしました。

少食の長男が、きれいに一人前食べきりました。


長男と、今度こそ、金峰山に登ろう。。。

リベンジ登山だ・・・と、決意しながら帰途につきました車(セダン)

5月13日

富士山登山 2日目

あっという間に、
富士山から下山して10日が経過しちゃいましたが・・・
前回の記事の続きを、ご報告致します。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

さて、翌日の午前1時です。

山頂でのご来光を見せてあげたい一心で
よく寝ている長男を起こしました眠い(睡眠)

長男は、寝ぼけて、起こされたことを怒ってましたちっ(怒った顔)
その寝ぼけぶりを、山小屋で隣に寝ていた3人家族の
若いお母さんが見て、笑っておりました。

和やかな雰囲気の中、
親子2人で、頭にヘッドランプを付け、
寒さ対策にしっかりと着込み、山小屋を出ました。

3250メートル山小屋を出発し、
3400メートルまで、登った時です。
長男が、腹痛を訴えましたexclamation×2

恐れていた「高山病」でしたどんっ(衝撃)
子どもの場合は、お腹が痛くなったりするのです。

長男が言うには・・・
山小屋で寝ている時から、
ちょっとお腹の調子がおかしかった・・・とのこと。

おそらく、山小屋での酸欠が原因だったのでしょう。

山小屋に引き返そうとも思いましたが・・・
頂上ご来光を見るための登山客が
どんどんと登山道から行列で登って来るために
今となっては、引き返せる状況にありませんふらふら

頂上に登りきるか、下山道を下りるか・・・の選択ですあせあせ(飛び散る汗)

当日は、がとにかく強くて寒く、
身体の動きを止めて休んでいると
いくら着込んでいても・・・寒さを感じる状況でした。

長男を緊急の防寒具でくるんであげ
抱きかかえてやりました。
携帯酸素も何回も吸わせてみます。

長男を介抱していた場所の山小屋の中には
大山祇命(おほやまづみのみこと)の神棚が見えました。

大山祇命は、日本全国の山を管理する総責任者で、
富士山の神の木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の父であり、
この前の記事の金運神社の神様です。

そんな大山祇命さまに、神頼みしようかな・・・
と思いましたが、やめておきました。

やがて、「登る」とか、「下りる」とか言っていた長男が、
最終的に、はっきりと自分から「下りたい」と言いましたので、
下山することにしました。

頂上が見えていただけに、苦しい選択でしたが・・・
長男の身体が、一番です。
私も、そうするしかない・・・と、思っておりました。
高山病は、生死にかかわることもあるからです。

下山道を下りて行きますと、
気温が少しずつあたたかく感じて行きます。

けれども、長男は、
吐きたくても吐けない・・・「高山病」の苦しさ・・・と
登山断念した悔しさから、泣きながらの下山となりましたもうやだ〜(悲しい顔)

「いますぐに家に着きたい・・・ママに会いたい。」

「パパ、ごめんね。俺のせいで、頂上に行けなくて・・・」

「●●(次男)に会いたい。●●(次男)の顔が見たい。」

と・・・色んな事を、
長男は、言いながら、下って行きました。
色んな想いがあったことでしょう。。。

そんな時、2人で、下山道のど真ん中で、
大の字になって、何回も寝ころび
夜空の星を眺めましたぴかぴか(新しい)

「こんな風に、下山道で、大の字になって寝ころぶなんて・・・
昼間なら、人が多すぎて、とてもできないことだぞ・・・
今は、俺たち専用日本一の富士山下山道だ。
しかも、こんなにきれいな星が見れている・・・
おまえのおかげで、こんな貴重な体験ができている。
ありがとう!・・・ツイてる !!

と、長男に言いました。


そして、誰もいないことをいいことに・・・

大山祇命さま、ありがとうございます。」

木花咲耶姫命さま、ありがとうございます。」

天照大神さま、ありがとうございます。」

と、長男と2人で、大声で叫びました。


だんだん調子に乗ってきて・・・

日本で納税総額一番という斎藤ひとりさんが仰っている
天国言葉を言おうぜひらめき・・・ということになり、

愛してます
ついてる
うれしい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
ゆるします


と・・・2人で叫びながら、ゆっくりと下りて行きました。

本当に、誰もいないので・・・何でもあり・・・という感じでした。

知らない人がきいたら、きっと変な人と思われるだろうなぁ・・・
と思いました目


午前4時前くらいでしたが・・・
7合目近くのところで、男性が座っていました。

話をしてみたら・・・
富士山をなめて、薄着で来てしまい、
寒すぎて、登頂を断念した。
でも、せめて、ご来光を見て、帰りたい・・・ということで
そこに座って待っていたとのことでした。

「いっしょに見ましょう。。。
この高さのご来光だって・・・なかなかのものですよ。。。」

と、その男性の勧めもあり、
だんだんと明るくなるので、午前4時半過ぎに拝せるかなと思い
私と長男も、そこでご来光を見ることにしました。

景色のよい場所でした。
そこからは、湘南海岸江ノ島がはっきりと見えます。

その辺りにも、だんだんと登山ツアーのお客さんが
ご来光目当てに、集まって来ました。

そして、午前4時50分過ぎくらいに、ご来光を拝することが出来ました。
( 恐れ入りますが、画像はクリックしていただくと、より鮮明に見ることができます。)

0005.jpg

ご来光を拝すると、長男
「太陽の光に当たっていたら、お腹が痛いのが治った・・・
やっぱり、頂上に行きたい。
このままじゃ、みっともなくて帰れない。」
と言うのです。

天照大神さまに、親子で感謝したので、早速パワーを頂いたのかな ?
と、ひそかに思いました(笑)

ともに、ご来光を拝した男性と、そこで別れて
私達親子は、再び、頂上を目指しました。

今にして思えば・・・その男性が、
そこでご来光を見ることを勧めてくれたことが、ラッキーでした。

あれ以上の下山をしていたら、
引き返すことは、難しかったことと思います。

午前4時過ぎから、そこから引き返し、5時間半かけて・・・
午前9時35分、ついに親子で、登頂成功しました手(チョキ)

頂上に着くと、まず、山頂神社で、登頂の感謝奉告をさせて頂きました。

長男が、「お土産を買ってもいい ?」と聞くので
「頑張ったから、何、買ってもいいぞ !!」と答えました。

長男は、登頂した日付の入るバッチみたいなものとコインみたいなものを
自分と次男の分を、2つずつ買いました。

そして、噴火口を見ながら、2人で、ブランチをし、
お鉢めぐりを開始しました。

0006.jpg

途中、山頂郵便局で、
長男は、お世話になっている、
空手ピアノ小学校の担任先生方と祖父母お友達
手紙を出し、登頂証明書ももらいました。

WS000074.jpg

それから富士山測候所の脇にある岩場に
日本最高峰富士山剣ヶ峰」の石碑がある
3776メートル日本で一番高いところに
2人で登頂することができました。

WS000076.jpg

0008.jpg
上の剣ヶ峰の石碑のヨコにある二等三角点の説明の石版は
長男の生まれた年、生まれた月に設置されたようです。

また、15年前の富士登山では
山頂で「金明水」をいただき、
とてもおいしかった記憶があるのですが・・・
今回は、地球温暖化のせいか、
井戸は枯れているようで
いただくことは、できませんでした。
(山頂神社には、売っておりました。)

WS000069.jpg

ゆっくりと、お鉢めぐりを終え、午後2時に下山を開始しました。

WS000065 (2).jpg

下山は、親子共々、とても足が痛くなりました。
ある意味、登山の時よりか、つらいかもしれません。

長男の少し前を歩き、長男を励ましながら
進んでいたのでしたが・・・
長男足取りは重くなっていました。

「パパ、俺のせいで、遅くなって、ごめんよぉ。。。」
と、長男は言ってましたが・・・
そんなことを長男に言わせてしまい、申し訳なく思いましたふらふら

70代くらいの年配の方が
そんな様子を見て、声を掛けて下さり、
「親も足が痛いと思うけど・・・
親が、子どもの手をつないであげれば歩けるよ」
と、言ってもらえました。

えっ・・・そうなんだ!?

半信半疑ながら・・・
手をつないで下りると、
確かに・・・長男歩行のスピードが上がるのです。

手を離すと・・・やはり、遅くなります。

登山用ストック・ステッキを使うと、登り下りも楽でしたので・・・
長男にも使わせていたのでしたが・・・
こんな単純でありながら実に有効な方法に
今まで、気付きませんでした。
やはり、年配の方の知恵は、すごいです目

長男に、
「ごめんね。パパがよく知らないために、
おまえにつらい想いをさせて・・・
おまえに山頂日の出を見せたかったんだけど、
おまえのとか体力とか、もっとよく考えてあげれば良かったね。」
と言うと・・・

「パパが謝ることなんて、何にもないよ。
俺が、パパの言うことをきかないで、夜遅くまで起きていたからだよ。」
長男は言い、
そんな長男が、何だか、いじらしく思えましたかわいい

5合目に近くなるにつれ、
これから登山する人とすれ違います。

「お子さんは、お歳は、いくつですか?」
山頂まで登れたんですか?」

何人もの方に、きかれました。

7歳長男登頂成功が、
これから登山される方の励みになることだろう・・・
と、思うと、嬉しく思いましたわーい(嬉しい顔)

それから、色んな方のお話を伺っていると
高山病のため、登山断念した子も多いようです。

今回、長男は、登頂成功しましたが・・・
いくら頂上に行く気持ちがあっても
断念して下山するつらさや、高山病つらさ
知ることができました。

何事もなく、登頂成功できたら・・・
ひょっとしたら、登山断念する子がいても
その気持ち理解できなかったことでしょう。

「今回の登山で、おまえは・・・
どんなに登りたくても、登山を断念する人の気持ち
知ることができたから、すごく良かったんだよ。」

と、長男に言いましたし、
長男もそのことは理解できているようでした。

そうしているうちに、午後7時頃、5合目駐車場に到着

クルマが発進しましたら車(セダン)
睡眠不足の上、夜中の1時から起きていた長男は、
幸せそうな顔をして、眠ってしまいました。

1度はあきらめた登山だけに
登頂成功は、2倍のよろこびとなりました。

何だか人生みたいだな・・・晴れ

とても順調とは思えないことが
実は、成功への近道だったり、
よろこびを倍増させるスパイスだったりする・・・
だから、一喜一憂しないで、明るく進もう !!

そんなことを、教えられたような気がしました。


今回の長男との登山を通して、
色々なことを教えられたような気がします。

また、この二人で乗り越えた登山により
親子の絆が、より深まったと感じてますぴかぴか(新しい)

今回の私たち親子の富士山登山を見守って下さった方、
応援してして下さった方、富士山で出逢った方、
すべての方に感謝しております。

親子での富士山登山・・・私は、オススメします。

8月14日 

富士山登山 1日目

今年の8月8日で、長男8歳の誕生日を迎えますひらめき

その感謝を込めて・・・
今回、長男富士山登山にチャレンジしました手(グー)

8月3日に富士山5合目出発

この日、ヘキサゴンのスザンヌさんが
富士山に登頂し下山されたみたいですので、
スザンヌさんとは、入れ違いになりました犬

5合目出発時は、雨が降ってましたので
雨具を身に付けての登山となりました雨

元気いっぱいで出発した長男も、
6合目まで来ると、疲れが見え始めました。

その後は、の中を登って行きます。

やがて、晴れ間晴れが出てきましたが、
その頃になると、景色は、
雲の上の世界となっていました曇り

7合目ぐらいで、
気温が下がっていることを感じ、
長袖のシャツを着込みました。

15年程前に、富士山登山をした時、
8合目付近から、私は「高山病」となりました。

最後まで、登頂しましたが・・・
あの「高山病」の感じは、子どもには、とても無理・・・
と感じてましたので・・・
今回は、特に「高山病」を警戒しました。

そのため、長男には、
こまめに水分給させ、
しっかりと深呼吸をさせ、
無理をさせぬように
休憩を取りながら
ゆっくりと、登って行きました目

出発から、6時間かかって、
ようやく8合目山小屋に到着致しました手(チョキ)
標高3250メートルです。
親子とも「高山病」には、なりませんでした。

山小屋での夕食「カレー」でした。
日頃、少食の長男も、よく食べました。
追加注文してポタージュスープも、長男は飲んでましたわーい(嬉しい顔)

山小屋では、一畳くらいのスペースに2人で寝ます。
私と長男は、隣同志ではあるのですが・・・

私は、隣の若い男女のグループのひとりの
体格の良い男の人と寝るように言われました。

長男は、隣の子ども2人とお母さんの3人家族のうちの
子どものひとりといっしょに寝るように言われました。

結局は、隣の3人家族は、掛け布団をヨコにして
3人で寝ていましたので、
私たちも、真似をして、
掛け布団をヨコにして、長男と寝ました。

というか・・・寝れない。。。ふらふら

実は、このギュウギュウの状態で、上下2段になっており、
狭い通路を挟んで、同じ状態で、すごい数の登山客がいます。

それが、男だけなら、まだしも・・・
女性もいらっしゃいます。

15年前に利用した山小屋は、男女が分かれていましたので、
あまり、気を遣いませんでしたが・・・

今回は、下着の着替えも持って行きましたが・・・
状況的に、無理なので、あきらめましたふらふら

隣の3人家族のお母さんも、若くてきれいな方でしたし・・・
反対側も向かい側にも、若い女性がいます。
こんなところで、着替えたら、それこそ逮捕されそうですがく〜(落胆した顔)

疲れていますので・・・イビキでもかいたら・・・
と思うと、とにかく、寝つけませんでしたexclamation×2

また、長男は、寝るまでに、3回トイレに行きました。
トイレは、この寝床のはしごをおりて
山小屋の1階の玄関まで行ってから、さらに外に出て
数メートル離れたところにあります。
一人で行けるというので、
その都度、200円持たせて行かせました。

富士山のトイレは、チップ制ですので
1回の使用で200円 (頂上では、300円) かかります。
長男は、こまめに行く方なので
私よりか、トイレ代がかかりました。

長男も、寝にくそうにしており、10時くらいに寝ついたかと思います眠い(睡眠)

長男が寝たのを確認してから、私も1回トイレに行き、
明日のための、飲み物を2本買いました。
ポカリスエットとCCレモンを買いましたが
どちらも、1本500円です。
しかし、ここまで来ますと・・・
その値段が、全然高く感じないから、不思議です。

山小屋から見る夜景は、とても美しく幻想的でしたぴかぴか(新しい)


8月8日 長男の8歳の誕生日
タグ:富士山 登山
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。